リフォームの相見積もりの重要性

相見積もりをとることによるメリット

リフォーム工事の相見積もりをとるメリットは3つあります。

・自分の希望のリフォームの費用の相場がわかる
リフォーム工事はどの部分にどのくらいこだわるかだったり、実際の家の状態で工事費用が変わってきますので、費用の相場も一概にいくらかというのはわかりません。
ですが、複数の業者に同じリフォーム工事を相見積もりすることで、希望のリフォームの相場を知ることができます。

・業者ごとの対応の仕方を確認することで、信頼できる業者か判断できる
リフォーム業者に見積もりを出してもらう際には、できるだけ疑問がなくなるまで質問しましょう。
その際の業者の対応を比べることで、どの業者が一番信頼できるかといったところも判断することができるでしょう。

・色々な提案を聞くことでリフォームの内容を改善できる
業者は自社の得意な内容で提案をしてくれますので、1社の提案のみよりも納得のできるリフォームにすることができます。

相見積もりの際に気をつけるポイント

複数の業者に相見積もりをお願いする場合は、必ず見積もりの条件を同じにしましょう。
リフォーム内容の違う見積もりでは比較出来ないのはもちろんですが、建材のグレードを変えてしまっても、工事費用の比較をすることができなくなってしまいます。

また、他社の見積もりを見せての値引き交渉は業者に対して失礼なのでやめましょう。
業者との信頼関係にも影響が出てきてしまいかねません。

もしも、一番最初の見積もりが他社の見積もりと比べてかなり安かった場合は、安い理由をちゃんと確認しておきましょう。
悪質な業者の場合、追加工事が必要といって工事を開始したあとから費用の上乗せをすることもあります。
必ず工事内容を他社の見積もりと比較しておきましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ