リフォームの工事場箇所別の相場

大手リフォーム業者のメリットとデメリット

大手リフォーム業者の最大のメリットは、豊富な実績からくる「信頼度」でしょう。
流行りの最新設備やバリアフリー設備などにも詳しく、実際に生活をしてみないとわからない部分も予め提案してもらえたりします。また、必要な工事を見極める力もあるため見積もりの精度が良く、工事に着手した後に費用が増えるといったことも少ないでしょう。
中小リフォーム業者の中には専門業者もいますので、水回りのリフォームは得意でも外装やエクステリアのリフォームは出来ないといったこともありますが、大手リフォーム業者の場合は一括で家のリフォームすべてを任せることができます。

反対に大手リフォーム業者のデメリットは、工事費用が高額な点です。例えば、同じリフォーム工事を中小リフォーム業者と比べた場合、約2〜3割高くなると言われています。ですので、費用をなるべく抑えたいと考えてる場合、この差はやはり大きいと感じると思います。

中小リフォーム業者のメリットとデメリット

中小リフォーム業者のメリットは、大手に比べてやはり工事費用が安いところです。
また、大手リフォーム業者とは違い、水回りの専門業者、キッチン専門の業者など、工事箇所を絞っている業者もあります。
こういった業者は専門分野に関して詳しいので、リフォームしたい箇所が限られていたり、他社の見積もりでどうしても費用が高くなってしまうといったことがあれば相談してみるといいでしょう。

反対に中小リフォーム業者のデメリットとしては、悪質な業者が中にはいるということです。
ここでいう悪質というのは、故意にこちらを騙そうとしている悪徳業者だけではなく、そもそもリフォーム業者としての能力を備えていない業者も含まれています。
実は、金額の低いリフォームは経験や実績の少ない業者であっても請け負ってしまうことが出来てしまうのです。
ですので、こちらもしっかりと業者を選ぶ必要性があります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ