リフォームのコストをなるべく抑える方法

住宅のリフォーム費用を少しでも抑える方法

リフォームの工事場箇所別の相場

リフォームの費用を安くするには、どのリフォーム業者を選ぶかが重要になります。 ここでは、業者ごとにメリットとデメリットをあげつつ、それぞれどの点に気をつける必要があるかをまとめますので、御自分のリフォームプランに合う業者探しの参考にしていただければと思います。

大手の業者と中小の業者の違いと、それぞれのメリットデメリット

実際にリフォームするとなるとどのくらいの費用がかかるか、どのように業者を探せばいいかわからない、またなるべく費用を抑える方法を知りたいなど、色々と気になる点があると思います。
このサイトでは、そういった方のために改修時のポイントを説明していきます。
まずはリフォームの相場を工事箇所別に確認していきましょう。

・キッチンのリフォーム
キッチンのリフォーム費用は、50〜300万程度となります。
安いものでいうと、キッチンの一部の取替えなどの場合は50万以下で済むこともあります。
また、給水設備の工事やダクトの工事などの大掛かりな工事を行う場合は、平均して200〜350万程度となります。

・浴室のリフォーム
浴室は50〜150万程度がリフォーム費用となっています。
浴槽のみの交換であれば50万程度。また、ユニットバスを利用する場合はおよそ100万程度の工事で済ませられるでしょう。

・トイレのリフォーム
トイレのリフォームは、10〜50万程度となります。
暖房温水洗浄トイレへの入れ替えであれば10〜20万程度で済みます。
また、壁の変更や手洗いカウンターの設置などを含めると30〜50万程度となります。

・洗面所のリフォーム
洗面所のリフォームは、20〜40万程度となります。
洗面台のみの交換であれば20万程度です。
また、壁や床の交換なども行うと50〜80万程度の費用を見積もっておく必要性があるでしょう。

・その他のリフォーム
他の部分のリフォーム費用は、床のリフォームは12畳で20〜40万程度、外壁のリフォームは50〜150万程度、屋根のリフォームは50〜150万程度、玄関のリフォームは50〜100万程度となります。

以上が主に行われるリフォームの相場となります。
リフォームしたい箇所の費用の大まかな相場を知ることで検討しやするくなると思いますので、ぜひ参考にしてください。

リフォームの相見積もりの重要性

リフォームは商品の購入と違い目に見えない工事ということもあって、業者によって工事費用には差が出ることが少なくありません。 また、悪質な業者を見分ける際に、相見積もりを取り他社と比較することは大切です。 相見積もりをとることの必要性をまとめていきます。

リフォーム工事の費用を抑えるポイント

家のリフォームは人生でも1度あるかどうかの高い買い物です。 「満足のいくリフォームをしたいが、費用もなるべく抑えたい」と考えている方はたくさんいらっしゃると思います。 そんな方に、リフォームする際の費用をできるだけ抑えるコツをまとめていきます。